う~ん へべれけ!

レトロゲーム好きが色々なゲームに挑んでみるブログ。

ロックマンX その1

2017-06-10-Sat-15:03
かなり久しぶりにロックマンXをプレイ。(WiiのVC版です。)

私は子供の頃は、ロックマンXシリーズをクリアできれば、賞賛に値されたのですが、
(操作が若干難しいので、華麗に動かせればカッコよかったからだと思う。)
どの作品もシグマが強くて、クリアできるのは数人でした。
かく言う私もアクションは苦手だったため、最初のボスすら苦戦ことが多かったです。

初代Xは、X3に次いでよくプレイしたゲームです。
どのロックマンでもどのボスからいくか?は人によって異なりますが、
このゲームだけは100人聞いても、確実に、アイシー・ペンギーゴと答えると思います。
ボス選択画面
ボス選択画面です、改めて見るとどのボスも個性が強くてカッコよいです。
個人的にはアーマー・アルマージが好きかな。

敵が落とすアイテムも回復カプセルや1UPが多く出るので、非常に助かります。
ボスもパターンがわかりやすく、当たり判定も丁寧に作られているので、やっぱり楽しいです。
ステージBGMも軽快な音楽が多く、どちらかと言えば効果音のほうが音量が大きいので、
爽快感もあります。

アームパーツ
スパーク・マンドリラーにあるアームパーツ。
ここだけ取得がかなりシビアでした。こんなシビアだったっけか・・・。
また、ここで入手しなくても、シグマステージにいるヴァヴァを倒せば手に入るそうです。

波動拳
アーマー・アルマージで入手できる波動拳。
実は初めて入手しました。(当時うまい人が手に入れてるのを一回だけ見たことはあった。)
8ボス撃破、ライフアップ・サブタン全回収で出現します。
ライト博士が何故かリュウ格好をしていて、テンションもやけに高いです。
波動拳は当てれば、どんなボスでも一撃で倒せます。

シグマステージも蜘蛛が強いぐらいで、そこまで難しくなく良心的な難易度でした。

シグマ戦は、
ペットの犬→ビームサーベルを装備したシグマ→最終形態のシグマ
と続きます。

犬とビームサーベルのシグマは、波動拳で一撃。
最終形態は、かなり強いですが、サブタンを使用すれば問題なしでした。
弱点はローリングシールドです。波動拳は(恐らく)効きません。


エンディング
自分で見るのは初めてなエンディング。(昔何度もプレイしたが、シグマに勝てなかった。)
戦いには勝ったが、虚しさだけが残る・・・と言う悲壮感漂うエンディングです。
当時見たかったなぁ。

スタッフロールの後に、シグマからメッセージがあり、
「私はまだ死んでいないから、覚悟しとけよ。」とのこと。X2に続くわけですね。

3時間ほどでクリアできてしまいましたが、改めてやってみると、難易度が程よく、
ステージも個性があって、かなり楽しめました。

X2もプレイしようかな。

今日はここまで。

ドレミファンタジー ミロンのドキドキ大冒険  その2

2016-11-20-Sun-23:46
前回の記事からだいぶ経ってますが、久しぶりにドレミファンタジーをプレイします。

雪の世界のボスである雪だるまに苦戦して、諦めていたのですが・・・ようやくパターンを見つけてクリアしました!
雪だるま
雪玉攻撃がどうしても避けれなくて・・・目の前でしゃがんで避けるだなんて、わからんよ!

その後は、炎の世界ですが、ボスはそこまで強くなかったですね。
ゴリ押し気味でもいける感じでした。

最後は、おもちゃの国&アモン城。
アモンは硬いですが、ジャンプで攻撃がギリギリ届くということがわかれば、そこまで強くないです。

エンディング fin
アモンを倒して、そのままスタッフロール。ちょっとでもいいから会話のシーンとか欲しかったな~。

物凄く間が空いてしまいましたが、とにかく良いゲームでした。
音楽がとにかく素晴らしいです。SFCとは思えない音源でした。
ミロンのドット絵もとにかく細かく、色々なアクションが楽しめます。
前作品の迷宮組曲もホント好きな作品なんですが、それを超えてもおかしくない名作です。

ボスがやや難しいですが、もっと続編出ても良かったのに・・・と思える作品です。
今のハドソンじゃ絶対不可能ですけど・・・
嗚呼、ハドソンよもう一度・・・。

今日はここまで。

甲竜伝説ヴィルガスト 消えた少女 その1

2016-04-24-Sun-12:52
SFC版のヴィルガストを引っ張りだしてプレイしています。

引っ張りだしてとは言いましたけども、このゲーム一回もやったことはありません・・・。
子供度の頃、恐怖(?)だったゲーム、「ドラッケン」をほうふつとさせた
(枠組みの緑色だけですが)パッケージ、難しいゲームの象徴だった、
「バンダイ」のロゴ。 これは絶対難しいゲームだと勝手に判断していました。

最近になって、可愛らしいゲームと知ってプレイしたのです。

ゲームはオーソドックスなRPGです。ステータスのイラストは可愛いです。
主流(?)だったハイレグアーマー(死語)のキャラクターが多いので嬉しい。
あと、最初から5人パーティなのでかなり遊びやすいです。

ステータスのイラストは今見ても全然OKなののですが、他のグラフィックが
ちょっと乏しいかもしれません。戦闘は少し寂しいです。
この頃のゲームにありがちなのですが、キャラクターは良くても、会話が本当に少ない。
私は少ないほうが好きなのですが、このゲームは少なすぎるような・・・。
-------------------------------------------

ボチボチと、迷いの森まで進めました。

いきなり現れた、森の魔術師にクリスとファンナが麻痺状態にさせられてしまいます。
ようやくパーティ内の会話らしい会話が発展。
ファンナの「ワァ~ン。動けなくなっちゃった。」に萌え。

助けるためにシュン一人で迷いの森を散策することに。

ムロボ

第2パーティが森で迷ってました。この後、このパーティと組むことになるようです。
獣人のムロボ、猫族のリュキア、11歳のレミ、これといった特徴がないボストン・・・。

第2パーティは「邪神」を倒すために立ち上がりますが、主人公の彼女を救うために、
一先ずは第1パーティで組むことになりました。

今日はここまで。

エルファリア その2

2016-04-07-Thu-22:40
エルファリア、ちまちまとプレイしてます。

2章
難しいところはなし。テンマもまだ弱いです。
ボスのアグ・ウーも苦戦することなし。

3章
敵が強くなってきました。特にテンマが強くなってきました。

アーバルス ガーゴイル
特にガーゴイル(左図、紫色の敵。)が素早く、攻撃力が高いので、強敵です。
前衛の二人が頼りないので、アーバルスにロッド5本を装備させてやり(右図)、
主戦力としたら、随分楽になりました。
敵の魔法で一発で死ぬので、開始1秒でいなくなることも多発ですがw

風のパーティも加入。このパーティも微妙です。
後衛の二人は優秀なのですが、前衛が微妙な感じです。
魔法のアタックがうまくかかれば、かなり強くなりますし、
ウィンドで麻痺にできれば拘束時間も長いです。ただ、どっちもうまくいかなければ、
かなりキツイ戦闘が続きます。

シーナ フレイム
画像では火のパーティですが、風のパーティで「ダジオンヤンガー」に挑みました。
そしたら、前衛のフレイムに全く攻撃が当たらず、ウィンド頼みのヒドイ戦闘でした。
シーナにも「まほうきしくずし」を付けていたのでなんとか撃破。

やっぱりシーナは良いですね。

今日はここまで。

エルファリア その1

2016-03-27-Sun-22:56
10年ぶりぐらいにエルファリアIをプレイしております。

IIより、Iのほうが人気がありますが、戦闘がサクサク進むし、
多少ですが戦略もあるので、Iのほうが面白いです。

やはり、Iは会話がシュールですね。
基本丁寧な口調な主人公パインがいきなり「おまえはだれだ」とか言うし、
狙ってるのか狙ってないのか変な会話が多いです。

土のパーティ
2章まで進めて、土のパーティが加入。
機敏さを上げるクイックと、攻撃魔法のサンダーが強力なパーティです。
前衛二人の能力も高め。

アルディス
弱いと言われ続けている火のパーティですが、テンマ6まで、
持っていけばかなり強いです。2発で雑魚を蹴散らせます。

しかし、後衛のアーバルスがずっと麻痺ってて戦闘中全く行動できてないのは、
さすがに吹きましたw ファイアとスローも使いづらいですし・・・。

今日はここまで。

HOME NEXT