う~ん へべれけ!

レトロゲーム好きが色々なゲームに挑んでみるブログ。

【気一】---ドラえもん ギガゾンビの逆襲

2015-06-21-Sun-23:26
久しぶりに気一は「ドラえもん ギガゾンビの逆襲」です。

箱
名作名高い作品です。

映画版のキャラばかりでてきますし、その上、戦闘のバランスが絶妙。 そしてさらには音楽も良い。と言う全くもって隙のない、名作と呼ぶに相応しい作品です。
何よりもパッケージには写ってませんが、自分=主人公なので自分自身がドラえもんの世界で戦える!という夢のようなゲームなのです。
話は映画版をモチーフにしたものなので、主人公はあまり話に参加しませんが・・・。

このゲームの話の種と言えば「ゴルゴザウルスはジャイアンのマイクで倒す」やら「海底面の音楽が至高」などいろいろあると思いますが、私の思い出といえば「キャラ達をレベルMAXまで育てるとステータスがぶっ壊れる」点です。

ステータスは最終的に全員同じになるのですが、それが正しくぶっ壊れ性能になるのが面白いところ。

ラスボスの牛魔王は、スネオのおもちゃ軍団(ダメージ50ぐらいだったはず。)をメイン軸とし、残りは守りや回復に徹する。と言った最高に熱い戦いなのですが、レベルMAXになると普通の攻撃で100ぐらい通るようになります。
レベル上げしまくると皆さんにはお約束の「お兄ちゃん!どら焼きを45000個作ったわよ!」も聞けるので、是非試してみてください。

今日はここまで。

【気一】 --- スターラスター

2013-11-24-Sun-21:17
今回の気一はスターラスター。

真夏の暑い日・・・なんとなーーくアイス片手にこのゲームをやっていた思い出があります。

スターラスター

このゲームはルールがよくわからなかった。
3Dシューティングっぽいんですが、探索できたりもするんです。

なので子供達には、攻略本は必須?のゲーム。

そんな事もあって、
FC時代によくあった、何本かのゲームがまとめられている攻略本の中にスターラスターも載っていましたね。

紹介されかたは王道?パターンで、大抵はゲームになんら関係ない小学生の男の子の女の子が出てきて、
戦闘機に乗るというものが多かったような??

それで女の子が丁寧に操作をアドバイスしてくれるといった感じです。

小学生ですから文字なんて読まないので漫画だけ読んで、「なるほど!やってみるか!!」となるんですが、
ゲームやってもさっぱり。


進めていたのか、よくわからなかったですが、けっこう遊べた記憶はあります。

今日はここまで。

【気一】 --- 超時空要塞マクロス(FC版)

2013-09-02-Mon-23:59
今回は超時空要塞マクロス(FC版)を紹介します。

マクロス

マクロスは劇場版を幼い頃に見て、トラウマになりました。
首吹っ飛んでグロいし、ミサイルが生きてるかのようにウネウネ動く様は不気味でした。

ですが、このFC版マクロスは好きでした。

始めると、デフォルメされたミンメイがチャイナドレスを着て現れます。これが可愛い!!
その後にドラを鳴らします。
そして流れるシャオパイロン。このBGMがかなり心地よいんです。
(やってた当事はシャオパイロンなんて全然知らなかったけど。)

システムも独創的で面白いです。
一定距離をスクロールするとブリタイ艦が現れて内部を破壊すると1面クリアなんですが、
形態によってスクロールされる速度が変わってくるのです。
ファイターはスクロールが物凄く速く流れます。ただし移動速度が遅い。
ガウォークはその中間。
バトロイドはスクロールが物凄く遅いですが、移動速度が速く、後ろにも攻撃できます。
体力ゲージ制なのか、1面から弾速がめっちゃ速いので避けきれません。
その分、減る量も少ないので、ファイターでガンガン進んでいくと敵との接触が怖い!
敵の体当たりは半分以上削られます。 ガウォークで進むのが無難でしょう。

あと反応弾の使えなさも異常です。
放たれる弾の数は多いものの、へなへなした弾がまばらに飛んでくだけであんまり使えません。
雑魚は元々数があんまり多くないのでガンポッドで十分ですし、ボスにも当たってくれません。

そして何よりもボタン配置です。発射はセレクトボタンです。やりづらすぎです。
特に私が使っていたツインファミコンでは反応が悪く、咄嗟に使えなかったので使えた試しがありません。

この前、かなり久しぶりにやりましたが、けっこう楽しめました。
何よりシャオパイロンが流れるのが嬉しいですね。ゲームももちろん楽しいですが。

今日はここまで。

【気一】 -- ドラゴンクエスト4

2013-08-28-Wed-23:49
今回はドラゴンクエスト4を紹介します。

DQ4
灰色って渋すぎる配色。

ドラクエ4を始めたきっかけは特にありません。

初めてやった時でデータの空きはあったので、自分の名前を付けてさっそくスタート。
画面は変わり、城の中。 厳かなBGMが流れます。
エントランスを囲うように騎士の軍団。
その中に、ピンク色の鎧を身に着けたふざけた騎士がいる・・・。
騎士のちょうど真ん中にいるので、嫌な予感はするが、まさかこれが自分じゃないよなーと思う。

そして王様の話が終わり騎士がバラバラと動きだす。 一方で動かないピンク色の鎧を身に着けた騎士。
十字キーを動かすと、ピンクの騎士が動く・・・やっぱりお前が主人公だったのかーー!!

こんな変な鎧を身に付けた騎士は嫌だ!!と思ったし、そもそも最初に自分の名前じゃにことにも驚いた!!
バグかと思って、記録を消去してまた最初からやり直したぐらいです。

とまぁ、苦難(?)があってドラクエ4はスタートしました。
こんな事もあり、最初の感想はあまり良くなかったです。


ただ、城の外を出てみると非常に明るく牧歌的な町のBGMが流れるし、
フィールドはフィールドで騎士の孤独な冒険と言った感じで世界観に吸い込まれましたね。
戦闘曲もそこまで聴くのか?!と疑問になるほど長く、熱いBGMだし。
やっぱり町のBGMは一番好きで、意味も無くぶらぶらして音楽を堪能してましたね。

ピンク色の騎士、ライアンも強くてお供のホイミスライムも役に立つわで冒険自体も楽しかったです。

とまぁ・・・ライアンの章だけ語ってますが、私のドラクエ4はライアンの章で終幕ですw
ライアンの章だけは何回もやり直したぐらい好きだったんですが、
2章になってスライムから戦い直しと言うのがどうも慣れなくて結局やってないです。

今日はここまで。

【気一】 -- フラッピー

2013-04-07-Sun-23:39
今回紹介するのはフラッピーです。

フラッピー
フラッピーは、dBソフトより製作されたパズルゲームです。
様々な機種に移植されていますが、今回はFC版を紹介したいと思います。

まず、個人的にフラッピーで真っ先に思い出すのが、「ぬ~ぼ~」です。
ぬ~ぼ~
ぬ~ぼ~とは森永製菓のキャラクターで昔、けっこう人気があったような気がします。
私も好きなキャラでして、幼少時代は懸賞で当たったぬ~ぼ~のコンサート(?)を観に行ったり、ぬ~ぼ~のリュックサックが大のお気に入りだったり、
今でも微かに覚えてるぐらいだったりします。

そんなぬ~ぼ~はさておき、フラッピーはパズルゲームと言うことで、幼少時代の私には1面もクリアできませんでした。
攻略本を持っていましたが、最初の方の面はは文章でサラッと流してるだけでしたのでなんじゃらほいと言った感じでクリアできませんでしたね。

そんな私は独自の遊び方でフラッピーを楽しんでいました。
このゲームの武器に催眠キノコがあるんですが、
こいつを投げるとコントロールがキノコに変わってフィールドをぐるぐる動かす事ができます。
これがなかなか面白い。

キノコを当てた時、敵もすやすやと寝てしまうのですがこれも可愛らしくて良いです。
そして岩で押しつぶす!! この一連の動作が当時の自分にはたまらなく楽しかった。

以上、パズルゲームとして遊んでなかったフラッピーでした。

今日はここまで。
HOME NEXT