う~ん へべれけ!

レトロゲーム好きが色々なゲームに挑んでみるブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【気一】 -- アウターワールド

2016-06-15-Wed-23:50
最近は家でゲームがあまりできてませんので、「アウターワールド」を紹介して、
誤魔化そうかと思います。

アウターワールド
独特の世界観と異常なまでの難易度で、有名な作品かと思います。

このゲームは、昔よくプレイしてました。昔の私は雰囲気が暗かったり、怖いゲームはほとんどプレイしなかったのですが、このゲームだけはよくプレイしてました。
ただ怖いだけでなく、不思議と引き込まれる世界観だったからかもしれません。

このゲームは、横アクションゲームです。画面上にライフなどの表示は一切なく、会話などもありません。ここだけでも普通のゲームとは(当時としては)、一味違う雰囲気が出ております。

一味違うといえば、冒頭シーンも印象に残ってます。
ゲーム冒頭はムービーシーンから始まり、ムービーが終わると、画面中央で大きな爆発が発生します。
下からは黒い触手がウネウネと押し寄せて、爆発から出てきた人影が、触手に巻き込まれて、いきなりパスワード画面が出てきます。
・・・そうか!もうゲームは始まっていたのか!とようやく気付きます。
ここで幼い私は、よくわからないゲームだなぁとボヤいていた記憶があります。

最初にも述べましたとおり、難易度が異常なまでに高いです。
主人公の動きがモッサリしてるわりに、高いアクション性を求められることはもちろんのこと、一発死トラップばかり続きます。
更に銃を使った謎解き(ノーヒント)が多いですし、中間ポイントもかなり少なめです。

プレイしていた当時は2面(乱戦終了後、どこいけばいいのかわかりませんでした)。
その後、攻略サイトを使っても4面ぐらいが限界でした。

クソゲーの烙印が押されがちな作品ですが、当時このゲームをプレイされた方には、
この異常なまでの雰囲気と無慈悲なまでの難易度で、クソゲーなんかでは済まされない、
衝撃的な印象を持たれた方も多いのではないかと思います。

本当に難しい作品ですが、色々な機種で出てるので是非プレイしてみてください。

今日はここまで。




スポンサーサイト

【気一】 -- ワンダープロジェクトJ 機械の少年ピーノ

2016-03-28-Mon-23:25
小学生の頃、よくプレイしていたゲーム、
「ワンダープロジェクトJ 機械の少年ピーノ」です。

Pの
機械の少年「ピーノ」を育てていくゲームです。剣を振って力を上げて乱暴にしたり、
本を読んでおとなしい性格にしたりします。
重要なポイントではこちらが命令できなくなる、いわゆる「テスト」のような場面が、
多数あります。 そのとき、ピーノがどう行動するのか、ドキドキさせられます。
これがこのゲームの一番の楽しみどころでしょう。

ですがこのゲーム、難易度も高かったです。
(しかも真のエンディングは少ない日数でクリアしなければいけない鬼畜仕様。)

特に後半の、闘技場→ツタ登り→花束を渡す。の一連のイベントが、
どうやってもクリアできませんでした。

闘技場の敵は強いので生半可な鍛え方だとやられてしまいますし、
その後にツタ登りがあるので体力もある程度残してないといけません。
かといって、バリバリに鍛えると乱暴者になってしまいますので、
最後の花束渡しが失敗になってしまいます。
兄貴はすぐにクリアしていたので、うまいやり方があったのでしょうが、
どうにもクリアできませんでした。

余談ですが、このゲーム続編も出てます。続編のほうが人気かも?
主人公が女の子になってます。友達の姉にやらせてもらったことがあり、
いきなり主人公が顔を出して話しかけてくるのが、恥ずかしくてプレイできませんでしたね。
とはいっても、64自体持ってませんでしたが・・・。

今日はここまで。

【気一】 -- ライトファンタジー

2016-01-05-Tue-23:42
さて、久しぶりの【気一】ですが、今回はライトファンタジーです。

タイトル
方々のサイトから、クソゲーの烙印を押されている迷作とも言われる悲しい作品です。

まず、このゲームは難易度が非常に高いので、裏技前提でプレイすることを
オススメします。
①カジノを確実に当てる裏技
②敵の全体魔法を回避する裏技
③主人公の移動速度を上げる裏技
特にこの3つは必須です。

戦闘はやや難あり(エンカウント率高いのも含め)ですが、その他システムは
なかなか凝っていますので、ゲームを楽しみたい場合は裏技必須です。
あとは、気に入ったキャラを見つけて、ねこまんまが食べれる人魚の村?で
ゴンゴンを入手して、経験値稼ぎすれば、なんとかなります。

と、攻略はこれぐらいにして、このゲームは荒削りですが、当時けっこう楽しみ
ました。2周目もプレイしていました。イラストに反して、ドット絵が綺麗ではない
のが非常に残念ですが、音楽はけっこう好きです。フィールドや、戦闘曲など、
なかなか良い曲が多めです。

ストーリーはあまり覚えてませんが、気を抜くと主人公がすぐ死んでしまいます。
(主人公が死ぬとゲームオーバー。)

ちなみに、私はトルイくんが好きなキャラでした。途中で外れるのが残念でしたが・・・。


2も触れたことあったのですが、あまり馴染めませんでした。

そこまで理不尽な難易度ではないと思いますので、機会があったらやってみて
ください。

今日はここまで。

【気一】 --- 46億年物語 はるかなるエデンへ

2014-11-28-Fri-00:11
今回はスーパーファミコン版の46億年物語。
音楽が、すぎやまこういち氏なので割と有名な作品かもしれません。

ゲームは横スクロールのアクション。進化していって、自由にカスタマイズできるのが面白いところ。
進化すると体力が回復するので、単価が一番安い角をつけたりして体力を回復するのは誰もがやったと思います。

難易度は非常にシビアでボスがかなり強い。(当時の私が下手だけだったのかもしれませんが。)
2面のハチから強く、4面か5面ぐらいの空中要塞にいる鳥?みたいなボスがめちゃくちゃ強くて、そこでやめてしまいました。
でも、ゲームは面白いので何回も遊んでました。

このゲームの語り草といったら、なんといってもママイエティです。
とにかく動きが機敏で、何回もやられました。なんとか頑張って撃破すると・・・。

チビイエティ
母親と父親を亡くしたイエティの子供が近づいてくるのです。
子供イエティは攻撃してこないけど、逃してあげるか?それとも・・・?ここは良心が問われる場面です。

ちなみに私は毎回噛み殺してました。
ママイエティに何度もやられて悔しかったので・・・憂さ晴らしにと。

各章に出てくるチュートリアルのキャラも毎回倒してましたし、思えば意外とひどいことをしていたのかも。
まぁでも弱肉強食な世界なんですから、別にいいですよね。

今日はここまで。



【気一】 -- ガデュリン

2014-08-18-Mon-23:54
ブログ更新を怠っていましたが、久しぶりの気一です。
今回はSFCのRPG、ガデュリンです。

ガデュリン

SFC初期に発売されたSFチックなRPGですが、同時期にFF4というビッグタイトルがあった為、そこまで知られていない作品かもしれません。

このゲーム、敵グラフィックがとにかくカッコいい。
裏パッケージのタイレックを見て惚れ込み、いざやってみるとあまりの迫力(当時では)に泣きそうになった思い出もあります。
特にラストダンジョンぐらいになってくると、カッコよさは半端ないです。
よくわからない名前と造形だけど、何かカッコよさを感じます。ちなみにドラゴンスレイヤーもそれと同じです。

ただバグも多いです。空の宝箱を開けたときの言葉が常に「何も見つからなっかった」だし、
セーブロードで宝箱の中身が復活するし、攻撃力と防御力を簡単に強化できるのもありました。
なので、大技林にはけっこう枠を使ってたような。

敵を一時的に仲間にできたり、システム的にも色々あって楽しい作品なんですが、
このゲームの醍醐味と言えばなんといっても「極みの一撃」「涙の一撃」でしょう。

「極み・涙の一撃」は普通に攻撃をしていると、敵味方関係なくそれらがたまに発生し、
出たときだけ攻撃力10倍(防御無視)という恐ろしい攻撃になります。

ボスでも普通に発生するので、ほとんど攻撃せずに終わったとか、
逆にいきなり発生してゲームオーバーになるとかもあります。

個人的に印象に残ったのは、エンディングでヒロインが「私のこと好き?」と聞いて、
選択肢が「はい」しかなかったことですね。若干トラウマになりかけました。

色々なところを見ると大味なゲームですが、魔法や敵が非常に多彩なので雰囲気はかなり良いと思います。

今日はここまで。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。