う~ん へべれけ!

レトロゲーム好きが色々なゲームに挑んでみるブログ。

聖竜伝説モンビット その5

2017-10-03-Tue-00:29
モンビットですが、実はちまちまプレイしたりしていたのでした。

ようやくマーブル王女は入ったのはいいものの、前回のセリフ以来、
ずーーーっと喋ってくれません。

代わりに喋るのは「オンアダ」という悪者のキャラぐらい。
ついでに邪帝ギールもよく喋る。(各地の大ボスを倒すと必ず喋る。)

敵キャラの使い回しはあまりなく、各地の小ボスもいたりして、見どころがけっこうあります。
(それでもエンカウント率は高いので少々キツイですが・・・。)

------
物語は大詰めを迎えて、ついに邪帝ギールが控える大火山へ。
そこには今までに何度も邪魔してきた、オンアダの姿が。ついに最終決着を迎えます。
オンアダ1 オンアダ2
いつもどおり、あまり強くなかったですね。

ラストダンジョンである大火山は、敵が強いですが、経験値の量が跳ね上がります。
(今まで500ぐらいしかもらえなかったのが、1000ぐらいもらえる。)

そんな感じですので、邪帝ギールの部屋に行くまでに、3レベルぐらい上がりました。
部屋にいくと、今まで倒した大ボス達が復活、合体して、邪黒龍になりました。
邪黒龍
1ターン目に攻撃魔法やってきた後は、ずっと身構えている謎のボスでした・・・。

そしてラスボス、邪帝ギール!!
ギール1 ギール2
3段階目まであるかなと思っていたのですが、2段階目でした。
2段階目は単体攻撃のみで、意外と拍子抜け・・・。

エンディング1 エンディング2
王道的なエンディングでした。
スタッフロールでは、井上麻美氏が歌う「青春はちっぽけな僕たち」が流れて、おしまいです。

感想。
レベル上げ必須な王道ゲームでした。ですが、エンカウント率は高いので、すぐにレベルが上がります。
金欠などの心配も一切なく、安心して遊べるRPGだなと思いました。
ただ、ドラゴンの成長(最終的にドラゴンはあまり使えない。)や
戦闘の単調さ(魔法が使えない。)など、もうちょっと練り込めば、
もっと面白くなるだろうにと思わせるゲームでした。
題材はかなり良いと思うのですが・・・。
音楽は良かったです。特に、開放前のフィールド曲。

この年代で初めてプレイしたので、レビューはなんともし辛いですが、
当時やれば、今以上に楽しめたのではないかなと思えるソフトでしたね。
評価を見ると、当時遊んでた人と後になって遊んだ人では評価はけっこう分かれるようです。

私的には、好きな分類のゲームでしたね。やはり雰囲気が良かったです。
人種とかいろいろ凝ってて好印象でした。

皆さんも気が向いたら、プレイしてみてください。

今日はここまで。




聖竜伝説モンビット その4

2017-07-09-Sun-15:26
モンビット、4回目です。

カリアランドは敵がそこまで強くなく、サクサク進めます。
邪王レッダの住処は、火のトラップが多く、アクション面も強いです。
ドラクエVの炎の石像よりは怖いないですが、当たるとけっこう痛いです。

レッダ
邪王レッダですが、やはり弱かったです。
戦闘後は、いつもの通り、邪帝ギールとのお話がありました。

カリアランドも平和が戻り、ドラゴンもようやく、チャイルドドラゴンに!
これでついに戦闘に参加できます。
チャイルドドラゴン
とはいっても、ドラゴンは攻撃を外しやすいです・・・。(ステータスが不足しているため?)
敵とのレベル差?が激しいと、外しやすいような。
説明書には、勇気の値が低いと外しやすいとは書いてありますが。
勇気の値を高めるには、ドーラの実が必要なのですが、各大陸に一個ぐらいしか落ちてないしで・・・。

お次はシーアランド。
と、ドラゴンがいきなり病気にかかってしまします。何やら急にチャイルドドラゴンになってしまったので、
成長が追いついていないようです。
病名は言いませんでしたが、竜ジステンバーでしょうか?
ローンをしてでもワクチン打たなきゃいけないですね。

・・・治すにはドラシン草が必要らしいのですが、すぐに見つかりました。
一瞬だけ仲間になったトモホンもほとんど活躍なしでした。

そしてこのシーアランドの東の町に、耳の長い女の子がいるようです。
ついに王女マーブルです。話題?の棒読み王女です!!
(ドラゴンも思ったほど戦力にならないので)早く仲間にしたいところですが、
東にいくゴンドラが壊れてしまっているので、途中で拾った磁力の石で無くした金具を探します。
これでゴンドラが動くように。

さて王女マーブル!といきたいところですが、ここら辺から敵が強くなってきます。
少しばかりレベル上げて、武具も揃えました。

その耳の長い女の子がいるという酒場に入ってみたのですが、王女マーブルはいません。
お酒を飲み(二十歳未満なのにいいのか!)、酔いつぶれてしまった主人公。

そこに・・・バニーのお姉さんがいました。
お姉さん
どうやら、耳の長い女の子というのは、バニーガールだったようです。
これはなかなかよい引っ掛け。私もまんまと引っかかってしまいました。

このお姉さんが言うには、トムスの村に、耳の長い女の子がいるようです。

次のトムスの村に行ってみても、残念ながら王女マーブルちゃんはいません。
戦闘もキツイし、そろそろ入ってほしいのですが、旅の少年がこの村にいるそうです。
せっかくなので、話を聞いてみましょう。
旅の少年
不自然なほど、棒読みです。さてはお前が王女マーブルだな!
王女マーブル・・・ではなく、旅の少年が仲間になりました。
いつものとおり、モブの仲間は役にたちません。(ほとんど攻撃してくれない。)

途中、散々戦ってきた影の戦士とまた戦います。どうせ負け戦闘だろと思ったら、
しっかりお金が半額・・・。装備と整え、無事勝利。
影の戦士が呼べるようになりました。単純に戦力が倍ですので、かなり強い。

敵も強いのですが、2レベルぐらい上げれば、1~3ぐらいしか喰らわなくなります。
途中のボスも、邪王バーブ(ここの大ボス)も大したことないです。
(ただエンカウントは多いので、時間はかかる。)

そして、なんやかんやあって・・・
王女マーブル
ついに、王女マーブルが加入!! しかしすぐにさらわれてしまう。
東の島にさらわれてしまったそう。

シードラゴン
お色気?たっぷりのシードラゴンにしまして・・・。

救出
無事に救出。可愛いですね。

ついに加入した王女マーブルですが、あまり強くないです。
(このゲームの魔法は凄く使いづらいため。)

長くなってしまいましたが、今日はここまで。

聖竜伝説モンビット その3

2017-07-02-Sun-11:59
モンビットですが、次はカリアランドに向かいます。

影の戦士
向かう途中、変な老人がいて、いきなり影の戦士と戦えと言い出しました。
頑張りましたが、全く倒せる気配なし。 恐らくまた戦うのだと思います。

さて、カリアランドは溶岩の国。火山が噴火して大変なことになっているそうです。
ベビードラゴンは残念ながら戦ってくれませんが、敵はあまり強くないです。

村長
邪王の手下によって、石像になってしまった村長を助けました。
何故か喋ります。 お礼につるのロープをもらいました。
ボス戦でしたが、大したことはなかったです。

溶岩の川になってしまったのを、食い止める薬を作る錬金術師を助けるため、
先程もらった、つるのロープを使って次のダンジョンへと進みます。
武具は真新しいのが無く、革の盾→銅の盾に買い替えたぐらいでした。
(それでも受けるダメージは2や3なので、問題なしです。)

ドビー
錬金術師のトビーも喋ります。 メンバーには入りませんが、一時的に参戦してくれます。
攻撃もきまぐれなので、あまり役に立ってくれませんが・・・。

その後、石像を取り戻したので、台座に戻して、フィールドも明るくなりました。
溶岩の川などは戻っていないので、あまり意味はなさそうですが・・・。
台座がある、ほこらのBGMがなかなか良い曲で好きです。

一旦別れたトビーと再開(別れたのは5分もみたないw)し、溶岩の川を食い止めることに。
ここの大陸の敵は今のところ、大したことなさそうです。

今日はここまで。

聖竜伝説モンビット その2

2017-07-01-Sat-12:37
モンビットですが、ちまちまとプレイしてます。

アリの塔をクリアして、行動できる範囲も増えましたが、敵が強いのでレベル上げ。

ある程度上がったところで情報収集。
 ・喋る岩がいる。喋る岩に進化のコケを上げると、良いものをくれる。
 ・釣りのおじいさんは良い情報を教えてくれる。
 ・占い師も良い情報を教えてくれる。
 ・エローがこの大陸のボスで、手下にギャダがいる。

狭い大陸ですが、街・村はたくさんあります。なので、少し歩くと敵が急に強くなるので注意です。
鳴きカラスは、弱い割に敵をすぐに呼ぶ習性があるので、経験値・お金が稼ぎがしやすい。
こいつらを使ってレベル上げです。

小ボスである、ギャダに挑みます。
ギャダ
あまり強くないですね。

ギャダを倒すと、石像を取り戻せます。石像でこの大陸に光が戻ってきます。
フィールドの曲も明るいものに! しかし、敵は出るようですね・・・(エンカウント率も変わらず。)

街も復興し、品揃えが変わっている街もあるので、強い武具に乗り換え。
そのまま、邪王エローの元に向かいます。

エロー
CD-ROM2の力をいかんなく発揮!!もちろん喋ります。
昔のボスキャラって「クックック」って笑うの好きだよねw
あと最初のボスキャラは、丁寧な口調っていうのも。

エローですが、弱かったです。

ギール
エローを倒すと、後ろのモニター?からギールの声が。もちろんボイスつき。
奴は偵察隊長に過ぎん。とのこと。色々なところでありきたりな感じで安心感があります。

割とお喋りだった、ギールのトークタイムは終わり、ついにドラゴンの復活へ!!

ドラゴン! カエル?
ドラゴンって卵生のイメージが強いですよね。(サンサーラナーガは胎生でしたが。)

いやでも、しかしベビードラゴンの歩行グラフィック・・・カエルみたい・・・。

そんなカエルのようなドラゴンは、最初は攻撃ができないようです。
レベルも1なので、しっかりレベル上げしなきゃですね。

今日はここまで。

聖竜伝説モンビット その1

2017-06-29-Thu-00:44
さっそくプレイしていきます。

モンビットは、CD-ROM2ソフトなので、吸い出してプレイします。
少し手間取りましたが、問題なく動作。

モンビットは数年前に初めて知ったソフトなのですが、
桃鉄でおなじみのビンボー神こと、榎本氏がプロデュースした作品だそうです。
安定した面白いRPGを作るハドソンですので、けっこう期待しています。

さて、説明書を見てみると、
仲間キャラクター
残念なことに、仲間はマーブル王女、ドラゴンの二人しかいないようです。
勝手ながら、もう少しいると期待していたのですが・・・。
ただ、説明書のボリュームは凄いです。ページ数にして、42ページもあり、
RPGの基本動作、コツなど初めての人でも困らないように事細かに書かれていました。
今ではこういうのも少ないと思います。

それでは、さっそく初めていきます。
タイトル
「主人公は選ばれしものだから、邪帝ギールを倒せ!」というのが、このゲームのお話。(かなり簡略。)
CD-ROM2なので、オープニング(村長の話含め)は声ありです。

最初は、近くの町で流砂を作って困らせているアリを倒しにいきます。
エンカウントは高いものの、戦闘スピードは割と早いので、そこまで苦になりません。

2番目の町で、装備を整えて、アリのボスと対決。
レベルも上がっていたので、道中の敵も楽ちん。
ボス ボス2
ボスのクインアントです。
少し硬いですが、回復魔法+回復アイテムがあるので、まず負けません。

前々から気になっていたタイトルですので、なんとかクリアしたいところです。

今日はここまで。
HOME NEXT