う~ん へべれけ!

レトロゲーム好きが色々なゲームに挑んでみるブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福福の島

2001-05-22-Tue-11:41
福福の島福福の島
(2005/11/10)
Sony PSP

商品詳細を見る

●福福の島
2005年11月10日にPSPにて発売、開発はスタジオムームー。

「ジャンピングフラッシュ!」や「がんばれ森川君2号」などでお馴染みのスタジオムームーが制作。
福福の島と言う島で暮らす箱庭ゲーム。
住民の大半は占いができるところがこのゲームの特徴。
中には全く役に立たない占いもあったりする。

・得点:8/10
・プレイ時間:30時間程度。
・評価
☆ 森川氏らしい奇妙で不思議なキャラクターが多い。
☆ 雰囲気がかなり良い。音楽・効果音・グラフィック、どれをとっても高水準。
☆ キャラクターの動きがいちいち面白い。

○ PSPでは数少ない箱庭ゲーム、値段も安い。
○ ここ掘れ!プッカのプッカが登場。 しかしもっと歴代キャラが出てほしかった。
× ロードが長い。
× やる事が少なすぎる。
× 物が高い。 その日の運勢で得られるお金が決まり、運勢が良くても10000z。家具は30000zする物もある。

・メモ
私はどうぶつの森も好きです。 ですが福福の島も好きです。
どうぶつの森のように家具をコンプ、服集め、住民との会話を楽しみたい人はあまりオススメしません。
福福の島は敢えて言うなら、ビターな箱庭ゲームと言ったところです。

その1
(島散策と雑感)

その2
(ガイコツナンバーズ紹介、プッカ登場など。)

その3
(マップ開拓、カトレア登場など。)

その4
(東エリア開拓。)

その5
(ダホー、サガニシコフ、クレレ、まりも博士と出会う。)

その6
(シザーマン、ジルちゃんと出会う。)

スポンサーサイト
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。