う~ん へべれけ!

レトロゲーム好きが色々なゲームに挑んでみるブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【気一】 --- 46億年物語 はるかなるエデンへ

2014-11-28-Fri-00:11
今回はスーパーファミコン版の46億年物語。
音楽が、すぎやまこういち氏なので割と有名な作品かもしれません。

ゲームは横スクロールのアクション。進化していって、自由にカスタマイズできるのが面白いところ。
進化すると体力が回復するので、単価が一番安い角をつけたりして体力を回復するのは誰もがやったと思います。

難易度は非常にシビアでボスがかなり強い。(当時の私が下手だけだったのかもしれませんが。)
2面のハチから強く、4面か5面ぐらいの空中要塞にいる鳥?みたいなボスがめちゃくちゃ強くて、そこでやめてしまいました。
でも、ゲームは面白いので何回も遊んでました。

このゲームの語り草といったら、なんといってもママイエティです。
とにかく動きが機敏で、何回もやられました。なんとか頑張って撃破すると・・・。

チビイエティ
母親と父親を亡くしたイエティの子供が近づいてくるのです。
子供イエティは攻撃してこないけど、逃してあげるか?それとも・・・?ここは良心が問われる場面です。

ちなみに私は毎回噛み殺してました。
ママイエティに何度もやられて悔しかったので・・・憂さ晴らしにと。

各章に出てくるチュートリアルのキャラも毎回倒してましたし、思えば意外とひどいことをしていたのかも。
まぁでも弱肉強食な世界なんですから、別にいいですよね。

今日はここまで。



スポンサーサイト
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。