う~ん へべれけ!

レトロゲーム好きが色々なゲームに挑んでみるブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

46億年物語 その1

2017-11-21-Tue-00:31
こちらも15年ぐらいぶりの「46億年物語」をプレイします。
こちらで紹介しております。

自キャラを「進化」させて、強くして育てていくアクションゲームです。
タイトル通り、地球の歴史(46億年)に沿ってゲームも進めていき、
最初の章では魚ですが、最終章だと人間にも進化できるようになります。

生物学の勉強にもなるし、コミカルさもあって、楽しみながら学べるゲームと言えます。
ですが、難易度は高めです。
こちらもハメやすいのですが、逆に敵にもハメられやすいです。
上で紹介したとおり、章ごとに進化できる生物は異なるのですが、最強状態にしてもボスは苦戦します。
そこらへんは上手くバランスが取れているともいえます。

メニュー画面のレスポンスもかなり良く、イライラさはありません。
ゲーム自体もテンポよく進み、止めどころも迷います。

イエティママ
やっぱりイエティママが尋常じゃなく強い。
踏みつけすると、カウンターでハエ叩きがくるし、かみつきのチャンスも非常に少ない。
かといって、動くも素早く、体力も高い。(ちなみに、ハエ叩き4回ぐらいくらうと死にます。)
角付け替えの体力回復技でなんとか勝利。

それ以降も敵が強かったりして、何度も死んだりしましたが、
進化はほぼほぼ終わっているため、死んでもあまり問題にはなりませんでした。

そうこうしている内にラスボスのボルボックスに到着。
ボルボックス
意外にあっさりと到着。
ボルボックス体内には卵?があり、今まで倒した生物が中ボスとなって襲い掛かってきます。
長期戦になりますが、中ボスごとに体力が60ぐらい回復できます。

ボルボックスは触手で攻撃してくるのみで、落ち着いてやればなんとかなりそうです。
角付け替えも1回のみで倒せました。

ちなみに、人間になることもできましたが、
背が高いので地上の草・果物が食べれない、パーツ付け替えができないので回復ができない、そもそも可愛くない
など色々な問題点を抱えているので、4足の哺乳類で進めました。

エンディング1 エンディング2

ボルボックスも無事に倒して、エンディングです。

昔は難してクリアできませんでしたが、けっこう簡単にクリアできました。
(無鉄砲に突っ込みまくっていた記憶があるので・・・。)

良いところは、やはり音楽と全体的な雰囲気でしょう。
音楽はすぎやまこういちなので、言わずもがなですが、雰囲気はコミカルさを全面的に押し出しているので、
クスリと来る場面が多く、今やっても楽しめました。
難易度も丁度良いです。パターンを掴めば勝利できる良質な難易度でした。

不満点は特に無いですね。強いて言えば、ゲーム自体が短いことでしょうか。

昔懐かしの作品を立て続けでプレイしておりますが、
次は何をプレイしましょうか。

今日はここまで。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。